HOMEくらし・手続きくらし果樹剪定枝等まきストーブ活用推進事業について
HOME産業・仕事農業・林業・狩猟果樹剪定枝等まきストーブ活用推進事業について
HOME注目情報果樹剪定枝等まきストーブ活用推進事業について

果樹剪定枝等まきストーブ活用推進事業について

 長野地域連携中枢都市圏の9市町村(高山村、長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、信濃町、小川村、飯綱町)では、SDGsを推進する連携事業として、果樹地帯特有の廃棄物である剪定枝等の有効活用を図るため、まきストーブ等に利用してもらう事業を行います。
 この事業は、りんごやモモなどの不要な剪定枝等を引き取ってもらいたい農家と、ストーブのまきを自己調達したい方との双方に登録していただき、条件の合う方を紹介するものです。

【事業実施の流れ】
1 まきの利用を希望する方(ユーザー)、または果樹剪定枝等の提供を希望する農家の方は、個別に「長野市地球温暖化防止活動推進センター(以下、センターといいます)」に、郵送・FAX・Eメールのいずれかの方法により申し込んでいただきます。
2 センターでは申し込みを取りまとめて、それぞれに何人か(おおむね5人程度)の住所・氏名などの必要な情報を提供します。
3 ユーザー及び農家は、提供された情報を基に条件に合いそうな相手方に問い合わせます。
4 日時を調整のうえ、ユーザーは相手方農家の果樹園等の現地に行き、必要な作業をして果樹剪定枝等を持ち帰ります。
   ※剪定枝等の提供にあたっては、お互いに金品のやり取りは行わないこととしています。
   ※剪定枝等は、まきとして使える状態になっていないため、 ユーザーが作業(切る・割る等)を行う必要があります。

【申込先・問い合わせ先】
長野市地球温暖化防止活動推進センター
〒380-0835    長野市新田町1513-2
   TEL  026-237-6681
   FAX  026-237-6690
   Eメール  eco-mame@dia.janis.or.jp

【申込締切日】
令和4年11月11日(金)必着

カテゴリー

閲覧履歴

ページの先頭へ戻る