HOME産業・仕事農業・林業・狩猟安全で安心「信州高山さわやかりんご」

安全で安心「信州高山さわやかりんご」

「信州高山“さわやかりんご”」が美味しい!

「信州高山さわやかりんご」ができるまで・・・

りんごは高山村の基幹産業になるまで、関係機関の協力を得ながら振興と栽培に長い年月をかけノウハウを得てきました。そしてりんご栽培が全国に普及する中、他産地に対抗できる付加価値を得るため、低農薬栽培に着目したのです。それは、りんごの大敵である害虫(シンクイガ、キンモンホソガなどが)を性フェロモン剤(メス害虫の出す求愛の匂い)により交尾撹乱し繁殖を抑える防除方法です。

高山村クリーンフルーツ協議会は数年間の試行の末、平成3年春より他にさきがけ、この新しい防除方法の実施に踏み切り、全村をあげた大がかりな取り組みを進め、関係機関のバックアップをいただきながら幾多の試行錯誤をくり返した結果、ようやく農薬の節減に成功し、また併せてこの新技術に対する確信を深めることができたのが平成6年の夏。この低農薬栽培りんごを高山村のオリジナル商品として「信州高山“さわやかりんご”」と名付けました。

組織的な取り組み 高山村クリーンフルーツ協議会(高山村りんご部会)は、よりクリーンで安全なりんごをスローガンに挙げ、性フェロモン剤を使用し、減農薬栽培に取組む農業者だけの販売に協力するシステムを構築しました。

「信州高山“さわやかりんご”」は、高山村を象徴する地域ブランド品として全国各地の市場へ流通し脚光を浴びています。

性フェロモン剤を利用したりんごの写真

性フェロモン剤を利用したりんご

カテゴリー

閲覧履歴

関連性の高いページ

    ページの先頭へ戻る