HOME観光・移住観光桜巡礼の里へようこそ

桜巡礼の里へようこそ

里の桜から山桜までお楽しみください

湯つづきの里信州高山村は、善光寺平の東方に広がる山里であり、毎年4月中旬から下旬にかけて全国でも有数の「しだれ桜の里」として脚光を浴びています。
村内には約20本のしだれ桜があり、その内半数が樹齢200年を超しています。なかでも幹周約8メートルの「坪井のしだれ桜」は、石川県巨樹の会による「日本彼岸桜見立番付」で西小結に選ばれました。また、「水中(みずなか)のしだれ桜」は、満開の頃は多くのカメラマンで賑わいます。加えて、「黒部のえどひがん桜」、「赤和観音のしだれ桜」、「中塩のしだれ桜」を「高山五大桜」と呼ばれています。
さらに、5月上旬、松川渓谷はオオヤマザクラが色濃く咲き、萌えはじめた新緑と淡い調和を奏でます。そんな桜溢れる高山村で、毎年4月中旬から下旬にかけて、「信州高山桜まつり」として、村内をめぐる「桜めぐりトレッキング」、「桜ライトアップ」、「農産物直売所開設」等各種イベントを開催します。

黒部のエドヒガン

黒部のエドヒガン

カテゴリー

閲覧履歴

関連性の高いページ

    ページの先頭へ戻る