HOME観光・移住観光高山村特産品開発コンテスト2019の受賞作品が決定しました
HOME注目情報高山村特産品開発コンテスト2019の受賞作品が決定しました
HOMEお知らせ村政情報高山村特産品開発コンテスト2019の受賞作品が決定しました

高山村特産品開発コンテスト2019の受賞作品が決定しました

高山村ではりんごを使った新たな特産品の開発を目的として、高山村特産品開発コンテストを初めて開催しました。
令和元年11月10日(日)に、書類による一次審査を通過した7作品に対する最終審査が行われました。
審査は50名の審査員により試食審査を行い、最優秀グランプリと準グランプリを決定しました。
今後は、受賞作品を中心に商品化へ向けた支援等を行ってまいります。

1.受賞作品及び受賞者一覧

作品名受賞者
最優秀グランプリりんごのワインコンポート "ポム ショコラ"涌井恵美子様(高山村)
準グランプリりんごのシロップ漬けとクルミの宝石箱杉山亜弥様(須坂市)
入選スイーツPizza ~高山村のりんご3兄弟セット~宮川和己様(高山村)
入選食物繊維たっぷり!高山村りんごのポタージュ黒岩美紀様(長野市)
入選林檎ですよ!!(生姜味噌/カレーにんにく)本田 祥様(高山村)
入選ソルガム入りリンゴアマンドケーキ坂田和子様(高山村)
入選高山村のりんごと鶏のカレー(くるみ入り)クリシュナモーシィー
カライセルヴァム様(千葉県)

2.作品情報

〈最優秀グランプリ〉りんごのワインコンポート "ポム ショコラ"

最優秀グランプリ

りんごのワインコンポートにチョコレートを合わせた作品。高山村の特産であるりんごとワインをイメージでき、お土産品に向いています。また、チョコレート以外にも、刻んでケーキに入れる等、様々なアレンジによる関連商品の制作が可能です。

〈準グランプリ〉りんごのシロップ漬けとクルミの宝石箱

準グランプリ

種類が豊富な高山村のりんごの品種の違いを味わってもらいたいという思いが込められた作品。シロップ漬けにしたりんごにキャラメルクルミを合わせ、カップ状の生地の食感にもこだわった作品です。

〈入選〉スイーツPizza ~高山村のりんご3兄弟セット~

入選

地粉生地を使用し、3種のチーズをベースに各りんごをトッピング。3種のりんごを種類ごとに分けることで、それぞれの違いを食べ比べできる作品です。

〈入選〉食物繊維たっぷり!高山村りんごのポタージュ

入選

ジャガイモとほぼ同量のりんごを使用。りんごのつぶつぶをあえて残し、飲み応えのある「食べるスープ」に仕上げた作品です。

〈入選〉林檎ですよ!!(生姜味噌/カレーにんにく)

入選

りんごで作った万能ディップで、ごはん・バケット・チーズ等との相性がよく、ワインのおつまみやオードブルに最適です。味は、「生姜味噌」と「カレーにんにく」の2種類。

〈入選〉ソルガム入りリンゴアマンドケーキ

入選

高山村産のソルガム粉とりんごを使ったスポンジケーキ。ソルガムはイネ科の穀物で、食物繊維、ミネラル、抗酸化物質が豊富な健康食品としての活用が期待されています。

〈入選〉高山村のりんごと鶏のカレー(くるみ入り)

入選

幅広い客層に人気のカレーに、りんごを角切りとピューレを入れることで独自性を持たせた作品。また、スパイスを複数組み合わせて、カレーの味わいを引き出しています。

3.コンテストの様子

審査

審査

特別審査員および一般審査員(同会場で開催されていたイベント「おごっそに乾杯」参加者から募集)計50名に試食いただき、(1)味・品質、(2)見た目・外観、(3)高山村の特産品らしさ、(4)商品としての市場性の4項目で採点を行いました。

表彰

グランプリ受賞者には、高山村長より賞状と村内宿泊施設で使える商品券が贈呈されました。
また、料理家でフードコーディネーターの甲斐優美様に特別審査員としてご参加いただきました。
本企画は新たな取り組みでしたが、応募いただいた皆様、審査員になっていただいた皆様のお陰で、特産品開発へ向けて事業を開始することができましたことに感謝申し上げます。

カテゴリー

閲覧履歴

ページの先頭へ戻る