HOME健康・福祉保健・健康・医療食中毒予防(ノロウイルス感染症)

食中毒予防(ノロウイルス感染症)

ノロウイルスは、強い感染力を持つウイルスで、ヒトの身体に入ると下痢やおう吐、発熱などを起こします。特に乳幼児や高齢者は、下痢やおう吐で脱水症を起こしたり、おう吐物をのどに詰まらせたりする心配があるので、注意が必要です。
長野県内でも感染性胃腸炎患者の増加が見られること及び全国的に集団感染が多発していることから、次のことを参考に注意しましょう。

感染時の症状

感染後、24〜48時間で、吐き気・おう吐・発熱・腹痛・下痢などの症状が現れます。感染すると、症状は1〜2日で治癒し後遺症が残りませんが、ウイルスは1週間程度糞便とともに排出します。

感染経路

  1. ノロウイルスに汚染された食品を食べる
  2. 感染したヒトの糞便やおう吐物を介して、他のヒトへ感染する。

症状が出たら

このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありませんので、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように水分と栄養の補給に努めましょう。脱水症状がひどい場合は、医療機関に受診しましょう。

予防のポイント

  1. 石鹸で手をよく洗いましょう。(ウイルスは石鹸で落とせます)
    外出先から帰った後、トイレの後、調理の前や食事の前など。
  2. 加熱調理する料理は、中心部まで十分に火を通しましょう。
    食品の盛り付けは、お箸などを使って盛り付けましょう。
    貝類は汚染されている場合が多いのでよく加熱しましょう。
  3. 感染したヒトのおう吐物や下痢便には直接ふれないで処理しましょう。
    マスクや使い捨て手袋を着用しましょう。
  4. 消毒には熱湯或いは塩素系漂白剤を薄めて(※)使用しましょう。
    ※熱湯を使用する場合…85℃で1分間
    ※衣類・調理器具の消毒液…水6リットルに塩素系漂白剤原液20ミリリットルを加える。
    ※おう吐物・糞便処理の消毒液…水6リットルに塩素系漂白剤原液100ミリリットルを加える

カテゴリー

閲覧履歴

関連性の高いページ

ページの先頭へ戻る