熱中症予防

熱中症は屋外だけでなく、屋外でも発症する危険性はありますので、体調管理には十分注意しましょう。

熱中症とは

高温の環境下で、体内の水分及び塩分などのバランスが崩れたり、体内の調節機能が働かなくなることによって起こる体の不調です。

かかりやすい人

・ 高齢者 ・幼児 ・持病のある人 ・肥満の人 ・体調の悪い人 ・ 暑さに慣れていない人

熱中症の重症度と主な症状(環境省の重症度分類から)
分類 症状 対処法
1度(軽症)
  • めまい、失神
  • 筋肉痛・筋肉の硬直(こむら返り)
衣服をゆるめ、水分・塩分を補給する。涼しい場所で休む。
2度(中等症)
★要受診
  • 頭痛・気分の不快、吐き気
  • 嘔吐・倦怠感
涼しい場所で足を高くして休む。
水分と塩分を補給しながら医療機関に受診する。
3度(重症)
★要受診
意識障害・けいれん・手足の運動障
高体温
すぐに救急車を呼ぶ。来るまでの間
頚・わきの下・太股を冷やす。

今からできる熱中症予防のポイント

  1. こまめな水分補給をしましょう。
    • 「のどが渇いた」と感じたときは、既にかなりの水分不足になっていることが多いので、定期的に水分を補給しましょう。
    • 特に汗と一緒に塩分が失われます。味噌汁など食事で摂取する、または水分補給時に少し塩を加えて(水1Lに対し塩一つまみ程度)飲みましょう。
  2. 換気、又は風通しを良くしましょう。
    • クーラーや扇風機を活用したり、窓を開けて部屋の中に風を通しましょう。
  3. 服装は汗をよく吸う素材など身に付けましょう。
  4. 睡眠は十分とり、体調管理につとめましょう。
  5. 高齢者や乳幼児は特に注意しましょう。
    • 高齢者は暑さに対する抵抗力が低下し、のどの渇いた感覚がにぶくなっています。
    • 乳幼児は体温調節機能が未熟。
  6. 屋外で作業する場合は、帽子をかぶるなどの工夫をし、出来るだけ日差しを避けましょう。

詳しくは以下リンク先をごらんください。

カテゴリー

閲覧履歴

ページの先頭へ戻る